BLOG

2015.12.22

レポート論題研究が読売新聞の「論点」で取り上げられました

151222_2033_001 (3)

読売新聞の「論点」で取り上げてもらった記事です。
「盗用リポート防ぎ、学び向上を」(読売新聞2015年12月3日)
(許可を得て掲載しています)

レポート論題を工夫することで剽窃を防ぐことを目指した研究です。

読売教育ネットワークの「異見交論」でも取り上げられました。
「剽窃防ぎ、学びの質向上」
http://kyoiku.yomiuri.co.jp/torikumi/jitsuryoku/iken/contents/post-446.php

読売オンライン
http://www.yomiuri.co.jp/

レポート論題研究についてはこちらから
http://goo.gl/hC3upU

これからも剽窃が困難となる論題について研究してきます。
おすすめの論題がございましたらご連絡ください。

2015.12.10

「信頼研究の学際化」第一回ワークショップ

信頼研究会の第1回ワークショップを行ないます。

「信頼研究の学際化」第一回ワークショップ
日時:2015年12月10日(木)14:30-17:30
場所:大阪大学基礎工学研究科E棟4階システム考究室E403-05
https://drive.google.com/file/d/0B-5VEMkBFN-zY0pDa2ZJMEk4bks5MzU5QkJHNUpGaEMtTjhv/view?usp=sharing
基礎工学研究科までは下記URLをご参照下さい。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/access.html

プログラム:
14:30-14:40 趣旨説明:小山虎(大阪大学)
14:40-15:10 講演1:永守伸年(立命館大学・日本学術振興会)「介助関係における信頼と信頼性」
15:10-15:40 講演2:笠木雅史(京都大学・日本学術振興会)「ロボット倫理と信頼研究」
15:40-16:10 講演3:中村征樹(大阪大学)「研究公正における信頼の問題」
16:10-16:20 休憩
16:20-17:30 ディスカッション
(参加費無料・登録不要)

18:00から懇親会を予定しております。
予約の都合がありますので、ご参加いただけるかたはご一報いただけると誠に幸いです。

主催:安心信頼技術研究会(http://goo.gl/c6MUKr
問い合わせ先:小山虎(koyama【@】irl.sys.es.osaka-u.ac.jp)

本ワークショップは、サントリー文化財団「人文学、社会科学に関する学際的グループ研究助成」の支援を受けています。

2015.12.03

レポート論題研究が新聞で取り上げられました

12月3日付の読売新聞の「論点」で現在取り組んでいるレポート論題研究が取り上げられました。
ネット記事「異見交論」にも掲載されていますのでご覧ください。

12月5日(土)にレポート論題に関する公開研究会を開催します。

詳細は→こちら
せっかく新聞で取り上げられたので申込締切りを12月4日(金)まで延長したいと思います。

report_01-01

 

ページの先頭へ