BLOG

2017.01.14

反課題解決至上主義―巻き込み型アプローチの可能性

シャルソンなどの楽しさによって広まっていく活動を「ソーシャルアクションアプローチ」としてこれまで研究してきましたが、このソーシャルアクションアプローチ(巻き込み型アプローチ)についてみなさんと一緒に考えたいと思います。

今回は、スペシャルゲストとして、シャルソン創始者であるパクチーハウス東京の佐谷恭さんにもお越しいただきます!

さんさんビジネスクリエイトvol.10「反課題解決至上主義―巻き込み型アプローチの可能性」
成瀬尚志(京都光華女子大学短期大学部)×中村征樹(大阪大学)×石川雅紀(神戸大学)
スペシャルゲスト:佐谷恭(パクチーハウス東京)

反課題解決至上主義

◆日時:2017年2月3日(金)18:30~21:30
◆場所:3×3Lab Future(大手門タワー・JXビル)
◆参加費:2000円(懇親会費実費)
◆タイムテーブル
18:30 イベント開始
20:30 イベント終了、懇親会開始
21:30 全体終了
◆募集人数:50名
◆参加申し込み方法:下記のFacebookページから参加申込みをしていただくか
https://www.facebook.com/events/302531500144253/
t-naruse【@】mail.koka.ac.jp
にお名前、ご所属、メアドをお伝えください。
◆主催:エコッツェリア協会
◆お問い合せ先:エコッツェリア協会03-6266-9400
◆概要
地域でも、企業でも、様々な場面で求められる「課題解決」。どのようにすれば「うまく」そして「効率的」に解決できるかが現在では問われ続けていますが、実はこの「課題解決」という発想自体がわれわれの思考と自由を制限しているのかもしれません。 今回は、近年広まりつつある「キャンドルナイト」や「シャルソン」などの「巻き込み型アプローチ」をとりあげ、「反課題解決至上主義」としてその可能性について考えます。

2016.11.12

ルーブリックの作り方の種類

11月5日に、第40回AJG研究会「アカデミック・ジャパニーズにおけるパフォーマンス評価としてのルーブリックを考える」でレポート関連の話題提供をしてきました。

その際に関西大学の黒上晴夫先生による
「パフォーマンス評価としてのルーブリック」
という講演が面白かったので少しまとめておきたいと思います。

現在のアクティブラーニングが出てきた背景から
ルーブリックの実践的な活用方法などとても勉強になりました。

その中で「ルーブリックの作り方」についての説明がありました。
スライドではルーブリックの作り方として次の3種類があるとのことでした。

・作品を集めて段階分け→共通点を基準に(西岡)
・評価ポイントを序列化→組み合わせて基準に(安藤)
・授業目標の達成度を段階化→規準と+α(黒上)

この点は以前から気になっていたことです。
ルーブリックの作り方の説明において、説明する人によって2パターンあると思っていました。
一つは上記の西岡先生(や田中耕治先生、石井英真先生)の作品群をベースにレベル設定をするというものです。
もう一方は、上記の安藤先生や黒上先生のように、作品群から独立に観点やレベル設定をするというものです。

なんとなく2パターンあると思っていたのですが
明確に説明を受けてすっきりしました。

個人的には作品群をベースにして作成するのがよいのではと思っています。
作品群から独立に設定された観点やレベルはあまりうまく機能しないのではないかというのが一つの理由です。
また、同じ事ですが、ルーブリックは、個別の作品がなぜそのレベルの評価を受けるのかを教師が説明するためのものであると思うからです。
このあたりは石井先生の御著書が参考になると思います。

黒上先生になぜ西岡先生バージョンを採用されないのかの理由を伺いました。
その理由は、「ルーブリックは授業での評価に使うものであり、事前に生徒に示すべきであるが、ルーブリック作成のために作品群を集める際にはルーブリックを事前に学生に提示できないから(大意)」ということのようでした。
これは確かにそうで、最初の作品群をどのようにして集めるかは問題となると思います。
しかし、長期的に見れば、その1回目の作品群の収集に問題があったとしても
2回目以降はその問題はクリアされるのではないかと思いました。
その点も休憩時間に黒上先生に質問してみたのですが、時間切れでその後意見交換ができませんでした。

上記のルーブリック作成法の2パターンは実質的には本質的な違いではないかもしれません。
というのも、作品群ベースではない作成法も、これまでの授業経験から、頭の中で作品群をイメージしながら観点やレベルを考案しているだろうからです。

いずれにせよ、ルーブリックは1度作成したら完成、というものではなく、常に改善が必要となってくるでしょう。
その際の基準は実際の作品群がベースになるのではないかと思います。

2016.11.07

【12/18】公開研究会「学生を思考にいざなうレポート課題とは?」の開催

この度、成瀬尚志編『学生を思考にいざなうレポート課題』(ひつじ書房、12月12日刊行予定)を出版することになりました。

Amazon商品ページ

ひつじ書房の紹介ページ

どのようなレポート論題(「~について説明せよ」などの教員からの指示文)が学生の思考を誘発するのか、また「コピペ」を防ぐにはどのような論題がよいのかについての議論を中心に、レポートを取り入れた授業設計や評価についても検討した書籍となります。
つきましては、下記の通り、12月18日(日)に合評会を兼ねた研究会を開催します。

コメンテーターに、

松下佳代先生(京都大学)
伊勢田哲治先生(京都大学)
西垣順子先生(大阪市立大学)

をお招きし、議論します。
書籍内容に関する紹介をかねた報告も当日行ないます。当日までにお読みいただく時間のないみなさまも、ぜひご参加ください。
また、当日はこの書籍を割引価格で販売いたします。

%e5%85%ac%e9%96%8b%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a

○公開研究会「学生を思考にいざなうレポート課題とは?」
【日程】12月18日(日) 13:30-17:00(開場13:00)
【会場】TKP京都四条烏丸カンファレンスセンター ホール2A
【参加費】無料
【定員】80名
【申込締切り】12月14日(水)
【主催】科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)「剽窃が困難となるレポート論題の類型化と論題に応じたルーブリックの開発」(代表:成瀬尚志)
【申込方法】
以下のフォームからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/4812a670472281

【概要】
学生が頭を使ってレポート課題に取り組むためにはどのような工夫が考えられるでしょうか。本研究会では、学生が頭を使わないと書けないレポート論題分析を中心とした、成瀬尚志編『学生を思考にいざなうレポート課題』について検討します。

【プログラム】
司会:崎山直樹(千葉大学)

13:30~13:35 はじめに

13:35~13:50 「『学生を思考にいざなうレポート課題』の紹介」
児島功和(山梨学院大学)

13:50~14:30  「学生を思考にいざなうレポート論題とレポート論題タキソノミー」
成瀬尚志(京都光華女子大学短期大学部)

14:30~15:30  コメンテーターからのコメント
コメンテーター:
松下佳代先生(京都大学)
伊勢田哲治先生(京都大学)
西垣順子先生(大阪市立大学)

15:30~15:45 休憩

15:45~16:10 コメントへのリプライ
成瀬尚志、笠木雅史(京都大学)、児島功和

16:10~16:55 全体討論・質疑応答

16:55~17:00 おわりのあいさつ

【会場へのアクセス】
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-kyoto-shijokarasuma/access/

【お問い合わせ】
京都光華女子大学短期大学部
成 瀬 尚 志
t-naruse【@】mail.koka.ac.jp

2016.11.07

成瀬尚志編『学生を思考にいざなうレポート課題』まもなく出版されます

これまで科研費「剽窃が困難となるレポート論題の類型化と論題に応じたルーブリックの開発」で研究してきた成果が

成瀬尚志編『学生を思考にいざなうレポート課題』(ひつじ書房)
http://www.hituzi.co.jp/hituzibooks/ISBN978-4-89476-827-7.htm

としてまもなく出版されます。

この本では、どのように論題(「~について説明せよ」などの教員からの指示文)を工夫すればコピペレポートが少なくなるかの分析と具体的な効果的論題を紹介していますが(第3章)
それ以外にも、授業設計や評価の観点など総合的にレポート課題について検討がおこなわれています。

昨年度この科研で開催した公開研究会「レポート課題で何を問うべきか?」でご登壇いただいた、河野哲也先生と石井英真先生にもご寄稿いただきました。

ぜひお手にとっていただければと思います。

2015.12.22

レポート論題研究が読売新聞の「論点」で取り上げられました

151222_2033_001 (3)

読売新聞の「論点」で取り上げてもらった記事です。
「盗用リポート防ぎ、学び向上を」(読売新聞2015年12月3日)
(許可を得て掲載しています)

レポート論題を工夫することで剽窃を防ぐことを目指した研究です。

読売教育ネットワークの「異見交論」でも取り上げられました。
「剽窃防ぎ、学びの質向上」
http://kyoiku.yomiuri.co.jp/torikumi/jitsuryoku/iken/contents/post-446.php

読売オンライン
http://www.yomiuri.co.jp/

レポート論題研究についてはこちらから
http://goo.gl/hC3upU

これからも剽窃が困難となる論題について研究してきます。
おすすめの論題がございましたらご連絡ください。

2015.12.10

「信頼研究の学際化」第一回ワークショップ

信頼研究会の第1回ワークショップを行ないます。

「信頼研究の学際化」第一回ワークショップ
日時:2015年12月10日(木)14:30-17:30
場所:大阪大学基礎工学研究科E棟4階システム考究室E403-05
https://drive.google.com/file/d/0B-5VEMkBFN-zY0pDa2ZJMEk4bks5MzU5QkJHNUpGaEMtTjhv/view?usp=sharing
基礎工学研究科までは下記URLをご参照下さい。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/access.html

プログラム:
14:30-14:40 趣旨説明:小山虎(大阪大学)
14:40-15:10 講演1:永守伸年(立命館大学・日本学術振興会)「介助関係における信頼と信頼性」
15:10-15:40 講演2:笠木雅史(京都大学・日本学術振興会)「ロボット倫理と信頼研究」
15:40-16:10 講演3:中村征樹(大阪大学)「研究公正における信頼の問題」
16:10-16:20 休憩
16:20-17:30 ディスカッション
(参加費無料・登録不要)

18:00から懇親会を予定しております。
予約の都合がありますので、ご参加いただけるかたはご一報いただけると誠に幸いです。

主催:安心信頼技術研究会(http://goo.gl/c6MUKr
問い合わせ先:小山虎(koyama【@】irl.sys.es.osaka-u.ac.jp)

本ワークショップは、サントリー文化財団「人文学、社会科学に関する学際的グループ研究助成」の支援を受けています。

2015.12.03

レポート論題研究が新聞で取り上げられました

12月3日付の読売新聞の「論点」で現在取り組んでいるレポート論題研究が取り上げられました。
ネット記事「異見交論」にも掲載されていますのでご覧ください。

12月5日(土)にレポート論題に関する公開研究会を開催します。

詳細は→こちら
せっかく新聞で取り上げられたので申込締切りを12月4日(金)まで延長したいと思います。

report_01-01

 

2015.10.06

「ソーシャルアクションの学校」開講!

12002339_961007723956477_1309453334852463382_o周りの人を巻き込みムーブメントにつなげる「ソーシャルアクション」
そうしたムーブメントの原点は実は単なるちょっとした「遊び心」だったということも。
「遊び心」をムーブメントに変えるためには最初の一歩を踏み出せるかどうかが重要です。
今回の「ソーシャルアクションの学校―あなたにもできるソーシャルアクション:遊び心をムーブメントに変えるには?」ではそうした遊び心を魅力的なソーシャルアクションに変えてきた方々をお招きし、ムーブメントを引き起こすコツについてお伺いします。
最後にはみなさん自身の「ソーシャルアクション」を披露してもらい、明日から踏み出す一歩につなげてもらいたいと思います。

日:2015年10月17日(土)
時間:14時〜20時
場所:KRP町家スタジオ
定員:25人
参加費はパーティーでの飲食費込みです
主催:『ソーシャルアクションの学校』実行委員会
申込サイト
http://s-action.peatix.com

14時〜 朝礼(20分)成瀬
趣旨説明&参加者同士の自己紹介

14時20分〜 1時間目「魅力」(45分)小島×中村
人口100人ほどの、長崎県の炭鉱の島「池島」にメディアや人が集まったキッカケとは?

15時05分〜 2時間目「価値」(45分)佐谷×山戸
全国各地で開催されるようになったマラソンイベント「シャルソン」。復興支援のために行われた「ウルトラシャルソン」が繋いだものとは?

15時50分〜 中間休み(10分) ※美味しいコーヒーとお菓子を提供

16時〜  3時間目「シカケ」(45分)市田×松村
鳥居のマークがあると汚したくなくなります。人の意識や行動はちょっとした「シカケ」で変わるもの。そんなシカケの可能性について仕掛け学の創始者にきいてみましょう。

16時45分〜 4時間目「広がり」(45分)石川×真田
「ミズベリング」「うち水っ娘大集合!」「減装(へらそう)ショッピング」など数々のムーブメントを起こしてきた2人にソーシャルアクションについて語ってもらいます。

17時半〜 中間休み(10分)

17時40分 5時間目「実習」(50分)
明日からの一歩をつくる「ソーシャルアクションワークショップ」
※そのアクションにはどんな「仕掛け」があり、どんな「魅力」を持っていて、どんな「価値」を提供でき、社会へどんな「広がり(ムーブメント)」を生むのかの観点に落とし込むことで1〜4限の内容を入れ込んでアウトプット。

18時半〜 放課後(90分) ※交流会(アルコールとドリンク)
交流会の料理はhanautaさんの提供です。

10月18日(日):運動会「嵐山シャルソン」
http://arashiyamarun.peatix.com
先生も全員参加しますのでぜひご参加ください。

【メールでの申込みも受け付けております。】
t-naruse@@@mail.koka.ac.jp(@を1つに変えてお送りください)
件名に「ソーシャルアクションの学校申込み」とお書きの上、お名前、電話番号、メールアドレスをお知らせください。

【先生紹介】
■成瀬尚志(京都光華女子大学短期大学部 講師)
京都光華女子大学短期大学部講師。教育再生加速プログラム(AP)担当。専門は哲学、高等教育。ソーシャルアクションアプローチを提唱。

■小島健一(長崎大学研究員)
「大人の社会科見学」の火付け役。東京で活躍後一転して長崎県の離島である池島へ「地域おこし協力隊」として移住。池島の来島者を大幅に増やし全国メディアでも取り上げられるようになる。現在は長崎大学の研究員としてインフラの長寿命化や軍艦島の3D保存のプロジェクトに取組んでいる。著書に『社会科見学へこう。』、『ニッポン地下観光ガイド』などがある。

■中村征樹(大阪大学准教授)
アクティブ・ラーニングの開発に取り組み、昨年、大阪大学学生が大学出版会や教員とともに企画した書籍『ドーナツを穴だけ残して食べる方法―越境する学問―穴からのぞく大学講義』を出版。池島についての地域史研究も行なっている。

■佐谷恭(株式会社「旅と平和」代表)
株式会社「旅と平和」代表取締役。日本手食協会理事長。パクチーハウス東京とPAX Coworkingのファウンダー。シャルソン創始者。現在のパクチーブームの火付け役。コワーキングスペースも早くから着目し普及に努めている。佐谷氏が考案した「シャルソン」は全国各地で開催されるようになった。2015年サハラマラソン完走。

■山戸 惠利加(カオサン東京ゲストハウス マネージャー)
カオサン東京ゲストハウス人事広報担当マネージャー。地域に根ざしたゲストハウス運営におけるコンテンツとして、訪日外国人旅行客向けのイベントを多数開催。その一つとして京都シャルソンを主催。

■松村真宏(大阪大学准教授)特別ゲスト
人はどのような仕掛けから影響を受け、行動を変化させるのかを研究し、「仕掛学(Shikakeology)」を提唱。仕掛をベースに様々な分野と連携している。

■市田秀樹(日本文理大学 特任准教授)
日本文理大学特任准教授。地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)担当。専門は半導体工学・光物性物理学・レーザー分光学。光について研究する傍ら、レザーカッターや3Dプリンタをつかったり・つくったりしながらものづくりを楽しむ。おんせん県おおいたで「ものづくり」をとおしての大学と地域の連携について奮闘中…。

■真田武幸(NPO法人「リコリタ」代表)
(株)SCOPソーシャルデザインプロデューサーであり、秋葉原で社会貢献を行う市民の会NPO法人リコリタの理事長。「ミズベリング」「うち水っ娘大集合!」「秋葉原菜園」などユニークなソーシャルアクションを展開。

■石川 雅紀(神戸大学 教授)
神戸大学経済学部教授。専門は環境経済学。容器包装ごみの発生抑制に取り組むNPO法人ごみじゃぱん代表理事。ごみじゃぱんは平成24年度内閣総理大臣賞を受賞。

2015.10.05

12月5日(土)公開研究会「レポート課題において何を問うべきか?―オリジナリティが求められる論題とその評価」

この度レポート課題について検討する研究会を開催します。
大学でレポート課題の出題方法や評価について興味のある方は是非ご参加ください。

report_01-01

公開研究会「レポート課題において何を問うべきか?―オリジナリティが求められる論題とその評価」
【日程】12月5日(土) 13:00-18:00
【会場】京都光華女子大学 聞光館253教室
【参加費】無料
【定員】80名
【申込締切り】12月2日(水)12月4日(金)
【主催】科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)「剽窃が困難となるレポート論題の類型化と論題に応じたルーブリックの開発」(代表:成瀬尚志)
【申込み】
以下のフォームからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2ccba793391877

【概要】
レポート課題において教員は何を問い、どのように評価すべきでしょうか。また、(学部生に対する)レポート課題においてオリジナリティを求めることは可能でしょうか。本研究会ではレポート課題において求められるオリジナリティに着目し、学生が頭を使わないと書けないレポート論題(「~について説明せよ」などの教員が設定する指示文)とその評価について検討します。また「論題類型化ワークショップ」においては、参加者が過去に出題したレポート論題をグループでシェア・類型化し、学生が頭を使わないと書けないレポート論題について考えます。

【プログラム】
13:00~13:10 はじめに

13:10~13:40
「レポート課題における到達目標と剽窃が困難となる論題について」
成瀬尚志(京都光華女子大学短期大学部)

13:40~14:20
「レポート課題における「問い」の重要性」
河野哲也先生(立教大学)

14:20~14:30 休憩

14:30~15:10
「パフォーマンス課題とルーブリックについて」
石井英真先生(京都大学)

15:10~15:25 グループディスカッション

15:25~15:45 全体討論・質疑応答

15:45~16:00 休憩

16:00~17:45 論題類型化ワークショップ

研究会ポスター(PDF)

【会場へのアクセス】
http://www.koka.ac.jp/info/access.html
【キャンパスマップ】
http://www.koka.ac.jp/campuslife/facilities.html

【お問い合わせ】
京都光華女子大学短期大学部
成 瀬 尚 志
t-naruse【@】mail.koka.ac.jp

2015.09.28

『藤谷文子の「哲学ナイト」~哲学者と一緒にとことん考える夜~』

10/21(水)に

女優で作家の藤谷文子さんとロフトプラスワンウエストで
『藤谷文子の「哲学ナイト」~哲学者と一緒にとことん考える夜~』

という哲学のトークイベントを開催します。

哲学って何?という哲学初心者向けのイベントですのでお気軽にご参加ください。
普段の生活ではなかなか「哲学者」や「形而上学者」と接する機会もないと思いますので
この機会に「哲学」や「哲学者」がどんなものか知っていただければと思います。

出演:藤谷文子(女優/作家)、成瀬尚志(哲学者)、小山虎(形而上学者)
開場18:30/開演19:30前売¥1800※飲食代別

↓ロフトプラスワンウェスト公式サイト
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/37601

哲学ナイト1001-01

ページの先頭へ